01
株式会社山一ホーム 様

東京都羽村市・青梅市・福生市・あきる野市を中心に売買仲介物件を取り扱っていらっしゃる会社様です。 創立31年の歴史と実績があり、グループ会社である山一建設では開発分譲事業(グレースコートシリーズ)も手掛けておられます。今回は中野裕介様にインタビューさせていただきました。

──何がきっかけでシステムの導入を検討し始めたのですか?

自社のホームページをリニューアルするのにともなって、物件コンバートシステムの導入を検討し始めました。 以前から使っていた既存のシステムもあったのですが、ホームページのリニューアルにあわせて不動産業に特化したシステムに切り替えたいと思っていました。以前使っていたシステムは、あまり不動産業界に詳しくないシステム屋さんが作ったもので、使用感や使いやすさがイマイチだったのです。 私自身は直接システム選定にかかわっていなかったのですが、上席の者がインターネットでレックアイさんのホームページを見つけたのだと思います。 それで、最終的に3社の中で比較した上で、レックアイさんのオートライターを導入することに決めました。

――システム検討にあたって、選定基準は何だったのでしょうか?

バランスですね。価格と機能のバランス。 他に比較した2社のシステムと比べてみて、オートライターは単純に価格に対する機能の高さが優れていました。 さらに付け加えると、レックアイさんの仕事に対するスピード があげられます。対応がとても早く、営業担当の方が足しげく弊社までやってきては提案してくれたので、それで決まった部分も大きかったと思います。

――導入でどのような効果がありましたか?

集客力がアップしました。 まだ導入からそこまで日が経っていないということもあり、目に見えて集客が変わったというほどの印象ではありませんが、 明らかにHPを見て来店されるお客様の数が増えました。 しかし、一番良かったことは、 不動産の専門的なパートナーができたことです。 レックアイさんは不動産業界を専門にやってらっしゃるので、 抽象的な注文をしても具体的なアイデアを出して応えてくれるし、なにより自分から提案してくれます。パートナーとしてレックアイさんとお付き合いするようになったことが、一番良かったですね。

お問合せ

料金・機能についてお気軽にお問い合わせください

企業の成長段階において必要なシステムをワンストップで提供しています

レックアイでは売買仲介業務および買取再販業務に特化した豊富なコンテンツをご用意しております。
オートライターと併せて使っていただくことで、貴社の業務をさらに効率化・コストダウン化することが可能となります。

株式会社レックアイは、2018年6月18日に『IT導入支援事業者』の認定を受け、『BMS-cloud』『BMS-WEB』『RMS』『不動産業務ロボ』がIT導入補助金の対象製品に認定されました。ぜひこの機会にレックアイのソフトウェア、サービス導入をご検討ください。